<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Buona Pasqua!

今日は日本からのお客様に始まり、スペイン、ネパール、ドイツ、アメリカからと様々な出会いがありました

とても楽しかった充実の1日

シーズンはもう始まった!という感じなのでちょっと胸がワクワクします

息子の術後の経過も順調

b0325690_05473213.jpg
退院後は写真のように包帯グルグル巻きでしたが、
b0325690_05533712.jpg
先週から包帯も取れて、手を使っていっぱい遊べるようになりました

イタリアは現在パスクワ(イースター)の祭り真っただ中

義両親なんかは毎日21時になると教会へ足を運びます

明日はパスクワ本番、私はクリスマスとお正月で燃え尽きているし、出発前でバタバタしているため今回は料理はパス!

ご招待を受けて、うちの隣のワイナリーを経営するジャンルカの従兄弟の家でパスクワのランチをします

去年は日本にいたため私はここには居なかったのですが

去年はアメリカで一番利用されている旅行本『Rick Steves』のRickがこの時期にアメリカで放映されているヨーロッパのパスクワのドキュメンタリーの撮影でうちを訪れました

下のリンクから詳細が見れます

b0325690_07270175.jpg

今年も私は日本帰国中になりますが、4月の末にはトスカーナ特集のドキュメンタリーの撮影でうちのワイナリーを紹介する予定です

話はそれましたが、パスクワはクリスマスと同じようにとても大切な宗教的な祭なのでこの時期は親戚と連絡を取り合い食事に招待したり、されたりします

なので最近は家での夕食はほぼしてません

先日は、一番仲良くしている友達家族の家へご招待されアペリチェーナ

アペリチェーナ(Apericena)とは、アペリティーボ(おつまみを食べながらの食前酒)とチェーナ(夜ご飯)がくっついた俗語です

いつもその友達家族とはアペリティーボよりはしっかり!でも夜ご飯まではいかないようなアペリチェーナを月2回くらいお互いの家で開催してます

b0325690_05542344.jpg
彼女が用意してくれたテーブル

最終的におつまみを6種類くらい用意してくれ、最後にデザートまでごちそうになりました

友達を呼ぶのにアペリチェーナは気軽な感じでとても便利です

最近全然お料理していないので、レシピが進みません

その代わりに義母が作ってくれたイカの詰め物トマトソース煮込み

b0325690_06460267.jpg
これ絶対レストランじゃ食べられない味

イカの中に、玉葱、水で湿らせたパン、イカの足、海老、イタリアンパセリを詰めてトマトソースで煮込んでいます

これは本当に美味しかったので、また作ってとリクエストしました

それでは皆様素敵なパスクワをお過ごしください!

イタリア語では、Buona Pasqua!


[PR]
by toscanature | 2016-03-27 07:39 | トスカーナ生活 | Comments(1)

帰国まで1週間

帰国まで1週間を切りました

毎日お客様と色々な調整でバタバタっとしています

今日は発売を開始したBrunello di Montalcino Riserva 2010が日本へ向けて発送されました

無事についてくれることを祈ります!

今日はジャーナリストのMauro Corniniがジャンルカの友人でもありトスカーナのオリーブオイルの作り手としても有名なFranco Bardiと共にワイナリーを訪れ、ランチミーティング
b0325690_06514884.jpg
写真真ん中のMauro Corniniは、イタリアでは有名な食の専門家です

彼が出版する次回の本にトスカーナの食文化を書くそうで、うちのワイナリーについても紹介してくれるそうです

Mauroから色々な食文化の話、更に私は初対面のFrancoとオリーブオイルの面白い話が沢山出来たので、とても楽しいランチミーティングとなりました

先日は、馬のレースを見学しに行きました

裸馬のレースです
b0325690_07001224.jpg
実はオーナーを探している馬がいて、見に来てくれと頼まれての見学だったのですが興奮したー

お目当ての馬はとても良い走りをしていましたが、見学だけ・・・

b0325690_07003801.jpg
シエナのパリオで走る馬も参加していたレースなので、シエナから見学者も沢山来ていてかなり賑わっていました

やっぱり馬は力強く美しい

馬は夫婦共通の趣味なので、休日にとても良い時間を過ごすことができました

香港でのワイン会の告知です

Wine Tasting with Dinner by Santa Giulia in HongKong
〈開催概要〉
開催日:2016年4月4日(月)※Public holiday(清明節)
時 間:18:30~(予定)
場 所:PIRATA (http://pirata.hk/
   29/30F, 239 Hennessy road, Wanchai
参加費:820HKD/P

   内容:Brunello di Montalcino Riservaを含む4種類をSanta GiuliaオーナーであるGianluca Terzuoliより
直接話しを聞きながらお食事と合わせて楽しんでいただきます。
お料理は、ワインに合わせた5皿以上のイタリア料理を楽しんでいただきます。
ご予約&お問い合わせ→kae@santagiuliamontalcino.it

ワインリスト: 
   ・Brunello di Montalcino Riserva 2010
・Brunello di Montalcino 2010
・Brunello di Montalcino 2009
・Rosso di Montalcino 2013

香港在住の方、4月4日にちょうど香港にいらっしゃる方は是非ご参加下さい。
b0325690_07160156.jpg


[PR]
by toscanature | 2016-03-25 07:24 | トスカーナ生活 | Comments(0)

イタリアの父の日

週末ですね〜

トスカーナはとーってもいい天気が続いてます

最高に気持ちが良い!!

天気だけで気分も晴れ晴れしますが、日本と香港行きのスケジュール調整、イベントのことなどでパソコン仕事

日本で3つ、香港で1つワイン会をします

まだ!告知を出来るところまでいってない・・・冷や汗でございます・・・

昨日ははサン ジュゼッペの祭日

聖母マリアの夫、キリストの養父の祭日でなのでイタリアでは父の日です

トスカーナでこの日に食べるのが、フリテッレ ディ サンジュゼッペ

お米を使った揚げ菓子です

b0325690_00371831.jpg

昨晩友人の家に夕食に招待されていることを知った義母が、作ってくれました!

お米を使ったお菓子ッて日本人からすると、えっ?という感じですが

本当に危険なくらい美味しい・・・

牛乳で煮たお米を潰して小麦粉やリキュールなどと混ぜ、揚げてあります

中はモチッ、外はサクサクと砂糖のざくざく感が最高なお菓子です

揚げたてアツアツが最高!

昨日の夜はシエナの友人宅で24時まで、息子も大ハッスルでした!

現在家の扉全ての修理をしています

b0325690_00313241.jpg
カンティーナの扉!
b0325690_00292219.jpg

コレは修理前の物。この扉は家が立てられた約130年前に作られたオリジナルの扉です

大人の男4人がかりじゃないと運べない程重い!

扉が少しづつ綺麗になっていくのを見ると嬉しくなります

日本出発までには全ての扉の修理が終わりますように

今日はこれから馬のレースを見学しに行ってきまーす


[PR]
by toscanature | 2016-03-20 17:57 | トスカーナ生活 | Comments(0)

寄り道日和

天気の良い日の買い物途中、キアナ牛が気持ち良さそうにしてました
b0325690_22442502.jpg
息子に見せるため少し寄り道

キアナ牛は生まれてくる時は茶色、大きくなるにつれて白くなっていきます

まるでマイケル ジャクソンだ!というのは友達のギャグ・・・

こうやって放し飼いで飼われている動物のお肉は味が全然違います

本当に美味しい

放し飼いといえば、家の馬もたまに放し飼いにされています

b0325690_22445009.jpg
昨日は天気が良かったので、1日中家の周りを走り回っていました

b0325690_22462293.jpg
葡萄畑にはお花が沢山咲いています
b0325690_22470139.jpg
剪定が終わった葡萄の枝、うちはこうやって昔ながらのやり方で燃やします

ワイナリーによっては、トラクターで枝を細かくして土に戻す所もあります

経費も時間もかなりの節約になりますが、うちは昔ながらのやり方をしてます

枝を細かくして土に戻す場合は、葡萄の病気が伝染するリスクがあります

話は変わりますが、先週日本からのお客様がいらっしゃいました

うちのワイナリーを知ったきっかけは「神の雫」を読んで、とのこと

5年程前に書かれた内容なのですが、未だに神の雫を読んでワイナリーに来るお客様はいらっしゃいます
b0325690_22495859.jpg
b0325690_22481622.jpg
b0325690_22483607.jpg
b0325690_22484914.jpg
b0325690_22494012.jpg
嬉しいことです

ジャンルカとの出会いもそもそもは神の雫のお陰

ジャンルカは元々、ここで紹介されていることは知りませんでした

未だにどういう経由で神の雫に紹介されることになったのか、作者の方はどこでうちのワインを飲んだのかは不明です

先日Brunello di Montalcino Riserva 2010をリリースしました

限定600本で、個人購入の方のみ限定の発売です

600本は本当に少ない本数で、2010年は良い年だったので予約をしていらっしゃったお客様も結構いらしたため

もう残りは約400本になりました

一口飲むと、口の中から幸せが広がるような味わいで私も大好きなワインです

第二次世界大戦後にSanta Giuliaの先代が植えた葡萄からのみ造られているワインで私達にとってもとても特別なワイン

また3、4年寝かせることが出来れば最高です!


[PR]
by toscanature | 2016-03-16 23:14 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)

週末

週末、バタバタっと駆け抜けました

今週末は隣村のサンジョヴァンニ ダッソという村でトリュフ祭がありました

今トスカーナ産のトリュフは認証が特になく、生産地保証をつけるという動きが広がってます

トリュフ祭に合わせて、会場では色々な会合が行われています

うちもサンジョヴァンニ ダッソに土地を持っていて、トリュフ畑も所有しているため

ジャンルカは様々な会合に参加

b0325690_16105074.jpg

情報収集をしています

今年中にトリュフについての取り決めが変更されるので、それが決まり次第生産地保証などの話も進むそうです

どうなることやら…
b0325690_16111107.jpg
今は黒トリュフの時期で、量り売りで1キロ36ユーロくらいで買えます
b0325690_16124972.jpg
肉屋は豚の丸焼きや生ハムなどでパニーノを作ってくれます

ジャンルカ会合中、私達はレストランでランチ
b0325690_16113703.jpg


息子はこのポレンタ&猪のミートソースを完食しました!
b0325690_16121209.jpg
食後は公園で少し遊ばせ
b0325690_16140409.jpg
おばあちゃんとラブラブ

この後買い物に出かけましたが、欲しかったものは見つからず・・・

今週は天気が少し持ちそうなので、雨でなかなか進まなかった畑での作業

オリーブの剪定も始まります


[PR]
by toscanature | 2016-03-14 16:19 | トスカーナ生活 | Comments(0)

1日ウンブリア

最近雨続きのトスカーナ

湿気が多くて寒いです

昨日は仕事でお隣ウンブリア州へ

久々にAssisiへ行きましたが、いつ訪れても素敵な場所
b0325690_01392521.jpg
その美しさは、何度目でも初めて見た時と同じような感動を味わうことができます

仕事でランチに招待されていたのですが、レストランでのランチは黒トリュフを使ったウンブリア料理でした

話に夢中になってすっかり写真を忘れ

やっぱり白トリュフに比べると黒トリュフは香りがかなり落ちる・・・早く白トリュフの時期にならないかなーと待ち遠しいです

ランチの後は、展示会に行ってからオーダー家具を自分たちの手で造る家族経営の家具屋さんへ

b0325690_01092639.jpg
話を聞いて、理想通りのデザインをしてくれた次男(名前忘れ)

背が高くて結構イケメン
b0325690_01141930.jpg
小さな事務所の裏がアトリエになっていて、ここで家族でオーダー家具を造ってます

テイスティングルームに置く、ガラス張りのワイングラス用の家具とショーケースをオーダーしました

古い家なのでアンティークの家具が一番しっくり合うのですが、サイズ、木の材質、色、デザインなどでしっくりくるものとなかなか出会えず・・・

数ヶ月間探し続け、諦めかけ、そしてオーダー家具という選択をしました

釘を使わず、つなぎ目も木だけで造られるオーダー家具は長く使える一生物です

出来上がりが楽しみであります

彼らは木の家具、大理石の家具、さらにセメントを使って植木鉢も作っています

b0325690_01161878.jpg
植木鉢もなかなか素敵なものがたくさんあり、目移りしまくりでした

3月に入り、夏に時間が取れなくて出来ないことを日本帰国前に片付けようと色々と飛び回っています

お客様もどんどん増えてきて、身動きが取れなくなるので色々なことを早く片付けないと!

今日は珍しくジャンルカが会合の後外食なので、友達と夕食に行ってきまーす

今日のレシピ
ジャガイモのニョッキ
b0325690_01172196.jpg
1、ジャガイモを茹でて皮を剥いて、潰します

2、ジャガイモの量に対して小麦粉2倍、片栗粉倍を用意しジャガイモと混ぜて行きます

3、まとまったらいくつかの塊に分け、長細く伸ばし包丁でいい感じの大きさに切ったら出来上がり

茹でる際は、塩水で。ニョッキが浮かんで来たら茹で上ったサインです
ミートソースやオリーブオイルとパルメジャーノ、トマトソースなどで食べます。
子供にも柔らかく食べ易いのでお勧めです!


[PR]
by toscanature | 2016-03-10 01:56 | | Comments(0)

戻ってきた冬

いきなり寒さが戻ってきて、「もう春か〜」なんて思っていたら冬に逆戻りのトスカーナ

退院後、2日に1度は病院へ行き検診と消毒がある息子

病院は遊べるスペースもあるし、おもちゃも沢山あるので息子は基本的にご機嫌なのですが

ただ包帯を取って消毒をする時はかなり痛いのか、怖いのか

もーの凄い泣きます・・・

今日も病院へ行ってきましたが、傷跡はかなり落ち着いてきていて

回復を感じることが出来て嬉しかった

今週から病院へ行くのも3日おきになり、家から病院まで1時間かかるので良かったー

3月に入って、ワイナリーへのお客様も週に4、5日くらいはあるので本当に助かりました

そういえば、息子の手術前、さらにBenvenuto Brunello前に用事があってローマにプチ旅行してきました

ローマへ行くのはもう何度目か覚えていないくらいですが、何度行ってもため息の出る美しさ

特に夜のローマはロマンチックで最高に素敵です

イタリアはどこへ行ってもロマンチックな場所ばかり

本当に良い意味でため息ばかりついてしまいます

b0325690_04062920.jpg
息子の名前Cesareは、日本語名カエサル

ザ!ローマな名前なので、トスカーナ弁を話すアジア女性の息子の名前がCesareということで

皆にとても珍しがられ、大人気だった息子

色んな人に遊んでもらいました
b0325690_04071789.jpg

観光する時間がほとんど無かったため、朝の散歩と夜の散歩でコロッセオやパンテオンを少し見ただけ

1カ所だけ訪れたのが、バチカンのサン ピエトロ大聖堂

最後は息子が興奮し過ぎて、強制退場させましたが・・・

さすが全世界のカトリック教会の総本山

でも個人的にはシエナの大聖堂の方が好き

宿はベネツィア広場のアパートメントに宿泊していたのですが、すぐ近くに大人気のレストランを発見

観光客はいなくて、地元の人で賑わっていた魚もお肉もあるレストランで魚料理と白ワイン
b0325690_04030967.jpg

前菜は各マリネを少しづつ、前菜だけでグラス2杯半いきました

ちなみに白ワインは普段飲まないシチリアの白
b0325690_04035554.jpg
プリモは自家製手打ちパスタ

b0325690_04042499.jpg
セコンドは魚のフライを

お腹いっぱい過ぎて、デザートはパスしようと思ったらお店の人が息子の食べっぷりを見て喜びシュークリームをくれました
b0325690_04055414.jpg
生クリームなんて今まで食べさせたことが無いから、初体験だった息子

かなりがっついてました

次回はもう少しゆっくり、ジャンルカとデートで訪れたい!
b0325690_04101203.jpg
今日のレシピ
カレイのパン粉焼き
b0325690_04570467.jpg
カレイに塩胡椒、小麦粉、卵、パン粉にパセリとパルメジャーノチーズを混ぜたものをまぶします

オリーブオイルをまんべんなくかけ、上にニンニクを乗せてオーブンで焼くだけ

カレイは身の部分に骨が無いので、イタリアでは子供によく食べさせます

いつも煮付けや塩焼きでマンネリ化するので、今夜はパン粉焼きにしてみました


[PR]
by toscanature | 2016-03-08 02:01 |

無事退院

無事に退院して、ホームスウィートホームに帰ってきました
b0325690_04421525.jpg
沢山痛い思いをした息子

退院した日は、術後初めて包帯を外しての消毒

あまりの痛みに気絶するんじゃないかと思う程泣いて、その後放心状態でした

親なら誰でも思うだろう、「代わってあげたい」と何度も思いました

でも家に帰ってきてからは、元気を取り戻し

痛みも感じない様で、痛み止めもいらなくなりました

夜も10時間寝るし、順調に回復してます

ただ傷口を縫わない治療法をしたので、傷口が塞がるまでかなり時間がかかりそう

私もジャンルカも慣れない入院生活と寝不足でかなり疲れて帰ってきました

やっぱり家が一番

朝起きて窓の外を見ると、眩しい程の緑がそこにあり

畑で採れる野菜をたっぷり食べて、体が生き返った感じ

まだまだ病院通いは続きますが、時間をかけてゆっくり傷が回復することを願ってます




[PR]
by toscanature | 2016-03-02 04:56 | トスカーナで子育て | Comments(0)

トスカーナで美しい葡萄畑に囲まれた美味しい生活。ブルネッロ ディ モンタルチーノのワイナリーSanta Giuliaに嫁いで…


by toscanature
プロフィールを見る
画像一覧