2015年 11月 10日 ( 1 )

息子食・・・日々の食事について

今日はテイスティングが朝から夕方まで分刻みでした

朝からアメリカ人→ドイツ人→日本人→カナダ人→アメリカ人とアメリカから始まり世界一周してアメリカで終わった一日

11月なのに沢山の人が来てくれるのは本当にありがたいです

昨日はトリュフ祭に行って、昼寝をし損ねた息子

18時半頃寝たので、1時間位で起きるかなー?と息子が寝ている間にジャンルカと早めの夕食

20時頃息子がうーうー唸っていたので、食べかけのマグロのタリアータを皿の上に残したまま夕食の席を立ったジャンルカ

私は夕食を食べ終え、片付けようとしてふっと「あれっジャンルカ何してんだろ?」と、寝室へ行くと・・・

息子の横でいびきをかきながら寝ているジャンルカを発見

起こしたら、歯を磨いてパジャマに着替えてそのまま就寝

息子はおしめを替えても、パジャマに着替えさせても起きない

結局息子は昨日の18:30から今日の7:30まで夕食も食べずに寝てました

こんなことってあるんだ・・・とびっくりな私

なんといっても食べることが大好きな息子

夕食抜きで寝るなんて、信じられない出来事でした

息子のお気に入りの本はレシピ本

私に見せろとねだっては、お肉料理のところで料理の写真を指差し口を「くちゃくちゃ」食べるマネをします

好き嫌い無し

驚く程何でも食べます

私の作る息子食はこんな感じ

b0325690_05244980.jpg
3色そぼろ丼を作ってみました

更に季節外れの小さなスイカが畑になっていたので切ってみたら喜んで食べてました

そしてかぼちゃの煮物

b0325690_05273096.jpg
カボチャとお肉のハンバーグとひよこ豆

カポナータと姑お手製のズッキーネのフォカッチャ

b0325690_05260031.jpg
ウサギ肉で肉団子

畑のごぼうがかなりよくなっていたのでキンピラごぼう

野菜はカボチャ、ビーツ、フィノッキ、ビーツの葉

今年初めてビーツの美味しさに目覚めた私

水煮して、オリーブオイルだけで食べるのがお気に入り

この写真の息子食で使われている野菜は全て自家製です

ご覧の通り、今年はカボチャが超豊作でした!

手打ちパスタなんかは大人の一人前をペロっと平らげる程の食欲の持ち主の息子

量食べる分、太らないようになるべく野菜中心の料理を作るように心がけています

あとは塩と砂糖を使わない

イタリア料理を作る場合は、味付けが塩中心ですが塩は一切使いません

日本食の場合は出汁を濃いめにとり、減塩の醤油や味噌をかなり少なめに使ってます

ビスケットやケーキを作る時はなるべくフルーツを入れて甘みをだし砂糖は一切使わない

入れても家の敷地内でとれるハチミツをティースプーン一杯だけ

こうやって書くと凄いストイックな私ですが・・・自分の食事も

私にとって「食べること、飲むことを楽しむこと」は日々の生活で一番大事なことです

私は毎日、明日死んでも後悔しないようにその時食べたいものを食べ、飲みたいものを飲みます

昼も夜も・・私にとって食べ物の質は人生の質

私にとって美味しい物とは、手の込み過ぎた物じゃなくて質の良い食材をシンプルに食べること

自家製の野菜を茹でてオリーブオイルと塩だけで食べる時、こんなに美味しい物は他に無いと確信するのです

ジャンルカのおじいちゃんは死ぬ前よく

「俺が死んでも墓に花は持って来るな、その代わり生きているうちに美味しい物を作ってくれ」

と言っていたそう

同感

今日の夜ご飯にはひよこ豆のスープを作りました

b0325690_05302358.jpg
このスープにはサツマイモ、ジャガイモ、人参、玉葱、ポロ葱、ひよこ豆が入っています

今日のひよこ豆のスープはローズマリーの香りをきかせて、トッピングに自家製パンチェッタをオーブンで食感が出るまで焼きました

この時期、体の温まるスープは夜ご飯に最高

食後、スープで温まった体は冷えないように暖炉で暖をとります
b0325690_05320765.jpg

あ〜今日も幸せです







[PR]
by toscanature | 2015-11-10 06:31 | Comments(0)

トスカーナで美しい葡萄畑に囲まれた美味しい生活。ブルネッロ ディ モンタルチーノのワイナリーSanta Giuliaに嫁いで…


by toscanature
プロフィールを見る
画像一覧